銀行関連株。消費者金融の株価に注目

現在では銀行と提携する消費者金融業者もいくつか現れ、
傘下に入ることで消費者金融にもたれがちな暗い印象を
払拭し顧客数を伸ばしております。

これにより、消費者金融会社の株式も
店頭公開から東証一部上場を果たすものがでてきました。

会社ですから業績によって株価は上下するのですが、
銀行の傘下にある消費者金融業者は銀行株の株価にも左右されます。
銀行株といえば、景気の変動に大きく影響を受ける株です。
このような株を景気敏感株と呼びます。

敏感に推移する銀行の株価

銀行の主な収入源は金利なので、政府の金利政策等が行われたときに
早い段階で株価に反映されるのが銀行株です。
国内だけでなく国際的な銀行のルール取決めの話題も株価に影響をします。
市場の金利に関するニュースや国際銀行のルールに関する話題、
経済や金融に関わる大臣の発言までもが銀行株に影響をもたらすのです。

まさに日本および世界の金融動向によって、敏感に銀行の株式価格が変化するのです。
大手銀行株が影響を受けたら、次にその他銀行株にも繋がります。
その後、グループである各企業へ波がおしよせていきますが、
その中に傘下である消費者金融業者も含まれてるのです。

消費者金融株

冒頭で申しましたように、会社ですから経営状態により株価が変化するのが基本ではありますが、
このグループ連鎖や金融業界株連鎖も株価変動の大きな要因です。
株式保有の理由として消費者金融だからというのではなく、
大手銀行の傘下で少々タイムラグを経て株式価格に影響する会社、
その立場に魅力を感じて大手銀行傘下の消費者金融株を保有する方も少なくありません。

株式の保有理由は様々です。単純にその会社が好きだから株を買うのもよいでしょう。
また株式価格の上昇が見込めるトレンドの会社も人気です。

しかし利益を求めるならば、景気敏感株のように価格の変化しやすいものを
頻繁に売買することも必要です。
景気敏感株の反応に即座に対応できないのであれば、
その株に少しのタイムラグを経て影響される消費者金融株などもねらい目でしょう。

東証一部上場の消費者金融株は年度注目株に挙げられるなど、
その存在も市場の中で大きくなっていっております。